尿が残っている感じがある ~残尿感~

残尿感とは?

 残尿感とは、文字通りおしっこをした(排尿)後も、尿が出きっていない感じ、残っているという感じ、があるという症状です。実際に尿が残っていることは少なく、尿を出すための膀胱の働きは通常は正常です。排尿を行った後も実際に尿が膀胱にまだ残っているのを「残尿」とよびますが、残尿感は実際の残尿のあり、なしとは関係なく出てきます。


残尿感がでてくる病気は?

 残尿感は炎症にともなって出てくる場合と、炎症がはっきりしないのに出てくる場合とがあります。前者の典型例は女性の膀胱炎です。この場合には排尿時の痛み、尿が近い、などの症状とともに残尿感が出てくることがあります。この病気の多くは大腸菌による感染ですので、適切な抗菌薬による治療で数日の内に症状がなくなります。男性では慢性前立腺炎でよくみられる症状ですが、以下で述べるように炎症が明らかでなくとも出てくる症状です。

 炎症が明らかではないにもかかわらず、残尿感が症状として出てくる代表的な病気には男性では慢性前立腺炎、前立腺肥大症があります。慢性前立腺炎の残尿感は、前に示したようにはっきりとした炎症があって出てくることもありますが、むしろ炎症がはっきりしないにもかかわらず症状として出てくることに特徴があります。多くの場合には、尿が近い(頻尿)、下腹部あるいは会陰部の不快感をともなっています。慢性前立腺炎は30-50歳代の人に見られる病気です。普通は原因が明らかではありません。というようより、原因が多彩でそれを明らかにすることが難しいといったほうが適切です。一般には、抗菌薬、抗炎症薬などで治療します。残尿感などの症状がスッキリ取れるまでには時間がかかります。

  残尿感はまた前立腺肥大症でよくみられる症状です。この病気の症状を調べるために「国際前立腺症状スコア」という評価票を泌尿器科の外来ではよく用いますが、この中にも残尿感のありなしとその回数の調査項目が含まれています。この得点がある一定以上高く、排尿の症状に不満を感じている場合には、前立腺肥大症に対する薬物治療が必要です。アルファ受容体遮断薬と5アルファ還元酵素阻害薬が代表的な薬剤です。

  一方、女性でははっきりとした炎症がないもかかわらず、残尿感が症状としてでてくることは珍しくありません。しかし、原因となっている病気を見つけ出すことが非常に困難なことが多いのも事実です。間質性膀胱炎、過活動膀胱と呼ばれるような病気が、経過の中で発見されることもありますが、例外的です。更年期の症状の一つとして出てくることもあります。残尿感のみの場合であれば、この症状が良くなったり悪くなったりしながら最終的にはなくなってしまうというのが大部分です。


PAGE TOP