尿道口から膿が出る

膿とは

 膿とは、炎症を起こした部位が化膿して生じる黄白色または黄緑色の不透明な粘液で、主に白血球と血清からなり、その他壊れた組織や死んだ細菌などが含まれています。尿道口から出ている膿の状態には大きく二つあります。ひとつは膿の色が濃く、多量に出ている状態です。もうひとつは膿の色が薄く、量も少ない状態です。


尿道口から膿が出る原因について

 尿道口から膿が出るのは、尿道口から侵入した病原菌が尿道の粘膜に感染して尿道炎を起こしているのが原因です。尿道炎は主に性行為によって起こり、性感染症に含まれます(以前は性病と言われていました)。性行為があって2~7日の潜伏期間の後に尿道口から濃い膿が多量に出て、強い排尿痛を認める場合は淋菌による尿道炎(淋菌性尿道炎)が疑われます。一方、性行為があって1~3週の潜伏期間の後に尿道口からやや水っぽい薄い膿が少量出て、排尿痛が軽い場合は淋菌以外の病原菌による尿道炎(非淋菌性尿道炎)が疑われ、その約半数はクラミジアが原因です。尿道炎は、普通の膣性交の他、オーラルセックスでも起こることが少なくありません。その場合セックスパートナーの咽頭にこれらの病原菌が潜んでいると考えられます。


尿道炎の検査について

 尿道口から出ている膿を顕微鏡で観察すると、淋菌は白血球内に存在する、2個ずつ対をなす球形の菌(双球菌)として観察されます【図】。クラミジアは普通の顕微鏡では観察できず、白血球のみが認められます。淋菌の確認は培養法、または遺伝子増幅法という淋菌に特異的な遺伝子を増幅して検出する方法で行います。クラミジアは培養するのが難しいため、遺伝子増幅法で確認します。注意しないといけないのは淋菌性尿道炎の20~30%にクラミジアが混合感染している場合がありますので、淋菌性尿道炎ではクラミジアの検査も同時に行うことがすすめられます。


尿道炎の治療と予防について

 尿道炎の治療には抗菌薬を使用しますが、淋菌とクラミジアに対して使用される薬剤の種類が大きく異なりますので、必ず泌尿器科の専門医でよく診察してもらって、治療を受けて下さい。現在、わが国でみられる淋菌では経口の抗菌薬が効きにくくなった菌が増えていますので、淋菌に強い殺菌力を示す注射薬を1回のみ投与する単回投与療法がすすめられています。クラミジアは経口の抗菌薬が良く効きますが、一般的に7日間内服しなければなりません(ただし、1回のみ内服する薬もあります)。症状が軽くなっても必ず毎日内服し、最後まで続けることが重要です。中途半端に中止すると再発する場合があります。また、治療後にも検査を受け、治癒していることを確認することも重要です。
 性感染症としての尿道炎の場合、ピンポン感染(ピンポン玉のやりとりのように、病原菌をうつしたり、うつされたりを繰り返すこと)を防ぐために、セックスパートナーも一緒に検査と治療を受ける必要があります。また、感染を予防するにはコンドームの使用がすすめられます。

淋病の顕微鏡所見画像

淋菌の顕微鏡所見


PAGE TOP