尿が漏れる・尿失禁がある

尿失禁とは

 尿失禁とは自分の意志とは関係なく尿がもれてしまうことです。加えて、これにより社会的・衛生的に支障を生ずるものと定義づけられています。実際に悩んでおられる方は実は大変に多いのですが、恥ずかしいので我慢している方がほとんどです。尿失禁の状態や原因に応じてきちんとした治療法がありますので、我慢せずに泌尿器科を受診しましょう。

尿失禁の種類について

 尿失禁といっても様々な症状があり、大きく別けると、次の4つに分類されます。

   (1)腹圧性尿失禁  
   (2)切迫性尿失禁
   (3)溢流性(いつりゅうせい)尿失禁
   (4)機能性尿失禁


(1)腹圧性尿失禁
 急に立ち上がった時や重い荷物を持ち上げた時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入ったときに尿がもれてしまうのが腹圧性尿失禁です。女性の4割を超える2000万人以上が悩まされているといわれています。これは骨盤底筋群という尿道括約筋を含んだ筋肉が緩むためにおこります。加齢や出産を契機に出現したりします。

(2)切迫性尿失禁
 急に尿がしたくなり(尿意切迫感)、我慢できずに漏れてしまうのが切迫性尿失禁です。トイレにかけ込むようなことが起こりますので、外出や乗り物に乗っている時などにたいへんに困ります。本来は脳からの指令で排尿はコントロールされていますが、脳血管障害などによりそのコントロールがうまくいかなくなった時など原因が明らかなこともあります。しかしながら多くの場合、特に原因がないのに膀胱が勝手に収縮してしまい、尿意切迫感や切迫性尿失禁をきたしてしまいます。男性では前立腺肥大症も切迫性尿失禁の原因になります。

(3)溢流性(いつりゅうせい)尿失禁
 自分で尿を出したいのに出せない、でも尿が少しずつ出てしまう溢流性尿失禁があります。 この溢流性尿失禁では、尿が出にくくなる排尿障害が必ず前提にあります。排尿障害を起こす代表的な疾患は、前立腺肥大症です。したがって、溢流性尿失禁は男性に多くみられます。

(4)機能性尿失禁
 排尿機能は正常にもかかわらず、身体運動機能の低下や認知症が原因でおこる尿失禁です。例えば、歩行障害のためにトイレまで間に合わない、あるいは認知症のためにトイレで排尿できない、といったケースです。 この尿失禁の治療は、介護や生活環境の見直しを含めて、取り組んでいく必要があります。

尿失禁の検査について

 まず問診と診察をおこないます。排尿日誌を数日間つけてもらうことで排尿状態や尿失禁の程度がわかります。ほとんどの場合、検尿とpad(パッド)テスト【表】、エコーによる残尿量測定といった身体に負担のない検査で診断がつきます。 必要に応じて、チェーン膀胱尿道造影検査、尿流動態検査、膀胱鏡検査などの詳しい検査【表】を行うこともあります。原因を特定するために脳や脊髄の検査を行うこともあります。

尿失禁の検査
尿検査 尿の成分を調べ、尿路感染症の有無などを調べます。
チェーン膀胱造影検査 膀胱にチェーンを挿入した後に造影剤を注入し、後部膀胱尿道角を測定します。腹圧性尿失禁の診断に必要です。
padテスト 水分摂取後に、60分間決められた動作や運動をおこない、検査前後のパッド重量を計測し、尿失禁の重症度を判定します。
尿流動態検査 膀胱に生理食塩水を注入しながら尿が溜まった状態や、排尿しているときの状態を再現して、膀胱の知覚と運動機能を調べる検査です。
膀胱鏡検査 尿道や膀胱の中を内視鏡で観察する検査です。

 

尿失禁の治療について

 軽い「腹圧性尿失禁」の場合は、骨盤底筋体操で尿道のまわりにある外尿道括約筋や骨盤底筋群を強くすることで、かなりの改善が期待できます。骨盤底筋訓練などの保存的療法では改善しない場合、または不満足な場合は手術適応となります。ポリプロピレンメッシュのテープを尿道の下に通してサポートするという「TVT手術」または「TOT手術」と名づけられた手術は長期成績も良好で、侵襲性が低いことも優れています。「切迫性尿失禁」の治療には、抗コリン薬やβ3(ベータスリー)受容体作動薬が用いられます。
  このように尿失禁の種類や程度により、治療法は様々です。尿失禁は生命に直接影響するわけではありませんが、いわゆる生活の質を低下させてしまう病気です。困ったなと思ったら恥ずかしがったり、あきらめずに、どうぞ泌尿器科専門医にご相談下さい。

PAGE TOP