『おねしょ』(夜尿症)が治らない

 子どものおねしょ(夜尿症)は、「5歳を過ぎて週に2回以上の頻度で、少なくとも3か月以上の期間において夜間睡眠中の尿失禁を認めるもの」と定義されます。7歳児における夜尿症の有病率(病気をもっている人の割合)は10%程度とされ、その後は年間15%ずつ自然に治り、成人に至るまでにほぼ全例が治ります。男女別では、約2:1で男児に多いといわれています。 
 夜尿症は親の育て方や子どもの性格の問題ではありません。夜寝ている間の尿量が膀胱(ぼうこう)に貯められる尿量より多いと、夜尿症につながります。夜尿症は、①睡眠中に膀胱がいっぱいになっても、尿意で目をさますことができないという覚醒障害を基礎としています。この覚醒障害に加えて、②膀胱の働きが未熟である(膀胱の容量が小さい、ある程度膀胱に尿が溜まると膀胱が勝手に収縮してしまう、など)、③夜間尿量が異常に多い(夜間多尿)、などいくつかの原因が複合して発生します。
 昼間の最大1回排尿量(mL)を計り、これを体重(kg)で割った値が5 mL/kg以下なら、膀胱容量の少ない膀胱型の夜尿症が疑われます。もし、トイレが近い、トイレまで間に合わなくて尿をもらすという昼間の症状があれば、尿を貯める膀胱の働きが明らかに未熟である可能性が高くなります。突然の尿意切迫感や、トイレまで間に合わなくて尿をもらすという昼間の症状がある状態は、『過活動膀胱』と呼ばれます。


 夜間尿量が多いかどうかを知るためには、実際の夜間尿量を測ります。夜尿の量はおむつの重さの変化(使用後のおむつの重さから使用前のおむつの重さを差し引いた量)でわかります。夜尿量と起床時の排尿量を加えたものが夜間尿量で、これが標準的な夜間尿量、つまり「 体重(kg)× 睡眠時間(時間)×0.9 」(mL)より多ければ、夜間多尿型の夜尿症が疑われます。一般に、夜尿症児の約1/3は膀胱型、約1/3は夜間多尿型、残りの1/3は膀胱型と夜間多尿型の両要素をあわせもつ混合型です。


 小学校に入っても夜尿症が治らない場合は、小児科あるいは泌尿器科を受診することをお勧めします。夜尿症の原因を調べ、原因に応じた治療法を提示します。夜尿症があるからといって夜決まった時間に起こすのは良くありません。夜尿の直前に起こしてあげることが理想的ですが、夜尿が起こるタイミングは通常わかりませんので、かわりに夜尿が起こるとブザーが鳴って知らせる夜尿アラームを治療に用いることがあります。膀胱型の夜尿症では、膀胱の緊張を緩和して膀胱容量を増加させる作用のある薬剤(抗コリン薬)を使用します。頑固な便秘は、膀胱容量を小さくする可能性があるため、便秘をしないように留意して下さい。味が濃い食事をとると、水分を多く取ってしまいますので、夜間多尿型では塩分コントロールも大切です。夜間多尿型の夜尿症では、夜間尿量を減少させる効果のある薬剤を就眠直前に使用します(抗利尿ホルモン療法)。ただし、抗利尿ホルモン療法を行う場合には、就眠前2時間以内の厳重な水分制限が必要となります。



PAGE TOP