睾丸(精巣)が腫れてきた・陰嚢(内容)が大きくなってきた

 入浴中などに突然、自分の睾丸(精巣)が腫れているのに気づく。痛みも何も無い。大きくなったからいいことだろうとはおそらく誰も考えないであろう。でも、医者にかかるには何となく恥ずかしい。悩みに悩んだあげく、泌尿器科を受診された患者さんを今まで何人も診てきた。
さて、このような場合、何を考えるか。
まず、考えるべき疾患は「陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)」であるが、これは陰嚢内(睾丸の周り)に水が溜まる病気である。小児の一部を除いて多くの場合、原因不明である。根治するためにはやはり1週間程度の入院による手術が必要であるが、針穿刺によって内溶液を吸引したり、吸引後に薬剤を注入して固定するなどの姑息的な治療法もあるが、基本的には悪性の病気ではない。超音波検査によって簡単に診断がつく。
その他に考えなくてはならないのが、睾丸(精巣)の腫瘍である(図1)。これは、青壮年気の男子に多く(日本人では白人より頻度は低い)、一般的には痛みを伴わない。出生児の停留睾丸(精巣)や、性分化異常などが発生に関連していると考えられているが、これも原因ははっきりしていない。一般に、悪性で放置すると転移進展し、死に至る。腫瘍マーカーと呼ばれる血液学的な指標があり、診断に役立つが、超音波検査も診断に有効である。腫瘍と診断されれば、まず精巣を摘除し、病理学的に組織型を判定する。さらに、全身の画像検査によって、転移の検索を行う。組織型にもよるが、一般的には転移が見つかれば、化学療法(抗癌剤治療)や放射線療法を行う。転移があっても、適切な治療を受ければ多くは完治する。
睾丸の痛みを伴う腫大では、感染症(睾丸炎や副睾丸炎)や精索(精巣への血管や精管の束)の捻転(ねんてん・精巣捻転ともいう)を疑う(図2)。感染症では、投薬による治療を、精索の捻転では整復術あるいは睾丸の摘除術が行われる。なかでも、精索捻転症では、発症後6-10時間のいわゆるgolden time(回復可能な時間)を過ぎると、整復(手術あるいは用手的に)されても睾丸そのものが壊死していることが多いので、捻転が疑われれば、早期の手術が望ましい。

図1:睾丸(精巣)の腫瘍

図1

図2:精巣捻転症

図2


PAGE TOP