腎臓のあたりが痛む

腎臓はどこにある?

 背中が痛むので、もしかしたら腎臓が悪いのかも知れないと、泌尿器科を受診される患者さんがいます。確かに腎臓は身体の中の後ろ側にあります。腎臓はそら豆のような形をした握りこぶし大の一対の臓器です。背骨の両側で、横隔膜(おうかくまく)の下に位置します。手を後ろに回してわき腹と背骨の中間あたりの場所にあります。ちょうど腰が痛い時にとんとんと叩く場所あたりです。腎臓は尿を作る臓器です。体の老廃物を尿として排出します。その他にも血圧に関係する物質を作ります。普段は何も感じませんが、何らかの原因で痛みを生じる時があります。


腎臓の痛み

 腎臓の痛みはどうして引き起こされるのでしょうか。腎臓は腎被膜という膜に囲まれています。その膜が引き伸ばされると痛みが出現します。つまり、腎臓自体が何らかの原因によって腫れてくると膜が外側に圧迫される形となり、その結果として痛みが生じるのです。急激に引き伸ばされると激しい痛みがきます。その典型的なものが、尿管結石による痛みです。尿管の中の石が詰まって、上流の腎臓側の尿管や腎盂といわれる部分に尿が過剰にたまり、腎盂の内圧が上昇します。【図】この状態を水腎症といいます。結石の場合は急激に起こる水腎のため激痛を伴い、多くの場合、救急外来を通じて泌尿器科に受診されます。その他の水腎症の原因として、尿管狭窄(きょうさく:狭くなること)や、尿管腫瘍などによる尿の通過障害や、膀胱の働きが悪いために尿の流れが悪くなるような病態があります。
 腎臓がんや腎のう胞などでも痛みを感じる場合があります。急性腎盂腎炎では腎臓の炎症に伴って痛みを生じます。背中の腎臓のあたりを叩くと強い痛みを感じるのが特徴です。その他にも腎臓の動脈が血栓で詰まる腎梗塞(じんこうそく)という病気でも激しい痛みを生じます。また、やせた女性に多い遊走腎(ゆうそうじん)という状態でも、腎臓が上下に移動することによる痛みを自覚することがあります。
 以上のように、腎臓の痛みといっても多くの病態が考えられるのです。水腎症は超音波検査で簡単に診断がつきます。その他の病態もCT検査などで原因を詳しく調べることが可能ですから、腎臓のあたりに痛みを感じた場合は、早めに泌尿器科を受診してください。

グラフ

腎臓が関係しない背中の痛み

 背中の腎臓のあたりが痛むといっても腎臓には関係のない痛みもあります。いわゆる神経痛や筋肉痛、椎間板ヘルニアなど整形外科的疾患で、同じような場所が痛むことがあります。泌尿器科の検査で腎臓に異常がない場合は整形外科の受診が勧められます。


PAGE TOP