倫理審査について

日本泌尿器科学会学術集会への演題応募時における倫理的手続きに関して

医学系研究には研究倫理に関連するすべての宣言、法令、政令、省令、指針及び通知等を遵守して行うことが求められています。

今後、日本泌尿器科学会学術集会で発表される医学系研究の演題応募の際には、当該研究の倫理審査が承認済であることが原則となりますので、ご留意いただきますようお願いいたします。

次回(第108回)より学術集会への応募演題に関する倫理的手続きの確認が求められることになります。

  • 2020年8月(予定):第108回学術集会(2020年4月)の応募演題から【試行】(周知目的)
  • 2020年8月(予定):第109回学術集会(2021年4月)の応募演題から【本格実施予定
    (演題応募の時点で、既に、演題カテゴリーに従って、倫理審査承認済であることが必要

詳細につきましては、以下のPDFよりご参照ください。

スライドショー

第107回日本泌尿器科学会総会
今後の学術集会への演題応募における倫理的手続きに関して
  スライド資料のダウンロードはこちら(PDF:1.6MB)