ウィンターセミナー

第5回日本泌尿器科学会 ウィンターセミナー2021につきましては、COVID-19感染拡大による一部都道府県への緊急事態宣言の発令を受けて開催中止となりました。事前に収録いたしました専門領域部会長講演につきましてはしばらくの期間公開することとなりましたので、下記よりご覧いただきますようご案内申し上げます。

第5回日本泌尿器科学会 ウィンターセミナー2021のご案内

関係各位

第5回日本泌尿器科学会ウィンターセミナー2021のご案内

一般社団法人日本泌尿器科学会
理事長 大家基嗣
教育委員長 松山豪泰
広報委員長 浮村理

謹啓

秋涼の候、皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、今年度も日本泌尿器科学会では「2019年度GSK医学教育事業助成」の交付を受け、全国の研修医を対象に下記の要領でウィンターセミナーを開催いたします。本事業は、社会の高齢化が進むほど泌尿器科医の果たす役割は大きくなる中で、初期研修医を中心に、未来の卓越した泌尿器科医として育成することを目的とするものです。全国から研修医を募り、泌尿器科の魅力、やりがい、奥深さをつたえる魅力あるプログラムを提供する予定です。

本年は、COVID-19の感染拡大の影響により、施設・病院によっては県をまたいでの移動が制限されていることもありますので、WEB開催および各地区の施設にご協力をいただいての開催を検討しています。そのため、早期に参加者を募集させていただくことといたしました。

今回も、過去にセミナーに参加したことのない初期研修医1年目の先生を優先案内いたしますので、下記申込みフォームより9月30日までにお申し込みをお願い申し上げます。

謹白

※申し込み受付を終了いたしました。

主催
日本泌尿器科学会
協力
日本泌尿器内視鏡学会
日程
2021年1月23日(土)または24日(日)
会場
WEB開催 および 各地区協力施設(実習)
募集数
80名
参加資格
初期研修医1年目の先生
募集締切
9月30日(水)
  • *応募多数の場合は締切日前に受付を終了する場合があります
参加費
無料
申込方法
上記「参加申し込みはこちら」から

プログラム概要(予定)

≪WEB講演≫
  • 専門領域部会代表者による講義
  • 腹腔鏡下縫合結紮術講演
  • ダイバーシティ企画
≪実技実習≫
  • 実技(ダビンチ、ラパロトレーナーなど)の体験実習(各施設での対面実技実習)

以上

第4回日本泌尿器科学会ウィンターセミナー2020 開催報告

日本泌尿器科学会としては4年目になる「2019年度GSK医学教育事業助成金」の交付を受けて、日本泌尿器科学会が主催する初期研修医向けの「第4回ウィンターセミナー2020」が1月25日~26日に実施されました。

今年も西日本(神戸)での開催となり、全国から81名の同志が集いました。初日のプログラムでは、泌尿器科専門領域部会長による講義のほか、最新の手術支援ロボット「ダビンチ」を持ち込んだ体験実習や、日本泌尿器内視鏡学会のトレーナーによる腹腔鏡手技実習、GreenLightレーザ療法(PVP)シミュレーター実技が行われ、懇親会では教授やチューターも交えてゲームや交流が行われ充実した内容となりました。今回は初の試みとして、日本泌尿器科学会のダイバーシティ推進委員会が主導して、参加者や現役泌尿器科医の事前アンケートを基にしたパネル討議も行われ、実際に働く現場での実態が浮き彫りにされ、研修医の不安と期待にこたえる有意義な企画が行われました。

参加者数 初期研修医 81名
主催 一般社団法人日本泌尿器科学会
協力 一般社団法人日本泌尿器科内視鏡学会
開催日 2020年1月25日~26日
場所 神戸ポートピアホテル

フォトライブラリー

ダウンロードには、参加者に通知したIDとパスワードが必要です