ウィンターセミナー 開催結果

第6回日本泌尿器科学会ウィンターセミナー2022 開催報告

日本泌尿器科学会が主催する初期研修医を対象とした「第6回ウィンターセミナー2022*」が2022年1月22日~23日に開催されました。新型コロナウイルス感染症の影響でサマースクール、ウインターセミナーが3回連続で中止となっていたため、多くの皆さまから開催要望の声が届いておりました。1月初旬から徐々にオミクロン株の蔓延が増加する中で開催が危ぶまれるところではありましたが、苦渋の決断でハイブリッド形式にて開催いたしました。当初85名の初期研修医が出席予定でしたが、最終的に現地(神戸)に出席した初期研修医は26名(その他はオンラインにて出席)で、感染対策を十分講じた上で開催いたしました。

コロナ禍での開催でしたので、実習は手術支援ロボット「ダヴィンチ」の体験実習や、PVPシミュレーター実技のみとし、腹腔鏡実習や懇親会は中止するなど、規模は縮小せざるを得ませんでしたが、初期研修医の満足度は高かったようです。また今回は泌尿器科専門領域部会長による講義は事前に収録したビデオ講習のみとし、新たな試みとして、2つシンポジウム「泌尿器科の魅力を語る~赤裸々告白!!なぜ私は泌尿器科医を選んだのか?」「泌尿器科の若手女性医師・男性医師の働き方のリアル~結婚・出産・育児・キャリアについて~」を企画しハイブリッド開催しました。シンポジストは、野々村理事長をはじめ、若手泌尿器科医にお願いし、初期研修医が最も知りたいであろう「泌尿器科医の現実」について、事前に会員の皆様にお願いしたアンケート結果をもとに討論し、大盛況に終わりました。出席した初期研修医が1人でも多く、近い将来泌尿器科医になってくれることを切に祈っています。

コロナ禍での開催であったため、従来開催に比べてたくさんの関係者に多大なるご尽力をいただきました。この場を借りて深謝申し上げます。

  • *本セミナーは「2019年度GSK医学教育事業助成金」により行われました。

日本泌尿器科学会 教育委員会 委員長 小島祥敬

参加者数 初期研修医 72名
(現地参加26名、Web参加46名)
主催 一般社団法人日本泌尿器科学会
協力 一般社団法人日本泌尿器科内視鏡学会
開催日 2022年1月22日~23日
場所 神戸ポートピアホテル

フォトライブラリー

ダウンロードには、参加者に通知したIDとパスワードが必要です

ダウンロードはこちら▼

第4回日本泌尿器科学会ウィンターセミナー2020 開催報告

日本泌尿器科学会としては4年目になる「2019年度GSK医学教育事業助成金」の交付を受けて、日本泌尿器科学会が主催する初期研修医向けの「第4回ウィンターセミナー2020」が1月25日~26日に実施されました。

今年も西日本(神戸)での開催となり、全国から81名の同志が集いました。初日のプログラムでは、泌尿器科専門領域部会長による講義のほか、最新の手術支援ロボット「ダビンチ」を持ち込んだ体験実習や、日本泌尿器内視鏡学会のトレーナーによる腹腔鏡手技実習、GreenLightレーザ療法(PVP)シミュレーター実技が行われ、懇親会では教授やチューターも交えてゲームや交流が行われ充実した内容となりました。今回は初の試みとして、日本泌尿器科学会のダイバーシティ推進委員会が主導して、参加者や現役泌尿器科医の事前アンケートを基にしたパネル討議も行われ、実際に働く現場での実態が浮き彫りにされ、研修医の不安と期待にこたえる有意義な企画が行われました。

参加者数 初期研修医 81名
主催 一般社団法人日本泌尿器科学会
協力 一般社団法人日本泌尿器科内視鏡学会
開催日 2020年1月25日~26日
場所 神戸ポートピアホテル

フォトライブラリー

ダウンロードには、参加者に通知したIDとパスワードが必要です

第3回日本泌尿器科学会ウィンターセミナー2019

参加者数 初期研修医 77名
主催 一般社団法人日本泌尿器科学会
協力 一般社団法人日本泌尿器科内視鏡学会
開催日 2019年1月26日~27日
場所 神戸ポートピアホテル

第2回日本泌尿器科学会ウィンターセミナー2018

参加者数 初期研修医 74名
主催 一般社団法人日本泌尿器科学会
協力 一般社団法人日本泌尿器科内視鏡学会
開催日 2018年1月27日~28日
場所 神戸ポートピアホテル

日本泌尿器科学会ウィンターセミナー2017

参加者数 初期研修医 80名(42大学)
主催 一般社団法人日本泌尿器科学会
協力 一般社団法人日本泌尿器科内視鏡学会
開催日 2017年2月18日~19日
場所 軽井沢プリンスホテルウエスト